Country:

1917年

ジッツオは1917年、アルセーヌ・ジッツホーベン(Arsène Gitzhoven)によって、フランスで設立されま した。当初は写真業界でカメラ、ケーブルレリーズ、シャッター、フィルムパックフレームなどを製造されました。

1942年

1942 年に第二次世界大戦によりいったん解散しました。

1944年

1944年に生産を再開し、1950年代に入って三脚が製品系列に加わりました。

1960年

1960年には創業者アル セーヌ・ジッツホーベンが引退し、娘のイボンヌ・プリジェール(Yvonne Plieger)と彼女の夫が会社経 営を引き継いで高品質な三脚と雲台の開発に専念し、その製品は世界54ヵ国以上に輸出されました。

1992

1992年、ジッツオは、プロフォトグラファー、放送局や映画製作者へのサポートを専門とする多国籍持株会社Vitecグループの一員となりました。

現在

以来ジッツオは写真用三脚に注力し、カーボンファイバー三脚や180°脚折りたたみシステムなど、後に業界標準となるような技術を数多く発明しました。製品の卓越したクオリティーにより、ジッツオは世界の写真業界で高く評価され続けています。

Social Section

Capture. Share.

取り扱いブランド

Loading cart

Login